憧れの海の道
          
 職場のとある事情から、少しまとまった休暇を取れることになりました。前回のひとり旅からずい分経っていることだし、こんな機会は滅多にないので、ここは一発、またひとりで 非行 旅行に出かけることにしました。

 目的地は、かねてからの憧れの地である、しまなみ海道。自転車好きの人なら一度は行ってみたい、いや、行くべき場所のひとつだと言われています。行った人の話を聞いたり、いろんな人の旅行記を読んだりして、「私もいつかは・・・」と思っていたものの、スタート地点の尾道(四国側から北上するなら今治)まで行くのに半日ががりになってしまうので、大きな連休が取れないうちはなかなか踏み切れずにいたのでした。

 よーし、行ってやるぞー、しまなみ海道!
 
 しまなみ海道は、かつて瀬戸内海を支配した村上水軍という海の猛者達のゆかりの地でもあり、歴史的にも興味深い土地。どうせ行くならその土地の歴史を下調べしてから行ったほうが雰囲気に浸れたり細かいことに気づけたりすると思うのですが、今回は行こうと思い立ったのがわりと急だったので勉強が間に合わず・・・。というわけで、「村上水軍」以外の別のテーマを設けて行くことにしましょう。

 季節は3月。まだまだ寒いとはいえ、日によっては暖かい日も増えてきました。ネット等で調べたところによると、しまなみ海道には、いくつか花の名所もあるようです。桜はさすがにまだ早いでしょうが、よし、瀬戸内の花を見に行こう!今回のテーマは『しまなみ海道花めぐり』にキマリです。また、しまなみ海道だけではあっという間に終わってしまいそうなので、四国まで渡ったついでに、四国の花もちょっと見てみようかな。
 
 折りしも尾道では、映画『男たちの大和』の実物大ロケセットを公開している最中。夏休みに家族旅行に行った際、どこだかでチラシを貰い、面白そうと思いつつスケジュールの関係で行かれなかった場所です。

 まずは『大和』を見て、しまなみ海道を走破して、四国もかすめる。うん、なかなか楽しそうです。

次のページ